2010年05月17日

オーストラリア永住権 職業リスト改定


オーストラリアの永住権を取得する方法の1つに
技術移住(GSM)ビザ雇用主指名(ENS)ビザをGETするという方法があります。


そのためには、政府の定める技能職業リスト(SOL)
自分のスキルに合った職種が載っていることが
最低条件となります。



または、技能職業リスト(SOL)に載っている分野の勉強を
16か月以上オーストラリアで留学し、他の条件もクリアしていれば、
オーストラリアの永住権(雇用主指名ビザ)を申請することができます。



先日、このSOLの改定についての発表がありました。


7月1日から適用となるこの改定の内容は・・・
永住権を目指して留学を考えていた方には、
ちょ〜っと厳しい改定となりますバッド(下向き矢印)



オーストラリアで留学し、その後、雇用主指名ビザで
永住権を獲得しようと思っている方・・・
Critical Skills List(CSL)に載っていない職種では、
申請できなくなりました。


たとえば、これまで留学生の間で人気だった美容師やコックなどは、
このCSLに載っていないため、
永住権獲得のための雇用主指名ビザ申請ができません。



今後は、技能職業リスト(SOL)に載っている職種であることが
必要条件となります(CSLやMODLは廃止となります)。



また、一定の職務経験が必要となりますので、
新卒の方の 技術移住ビザや雇用主指名ビザは、
特例でない限り、難しくなるでしょう。



これから、永住権を目指しての留学を
お考えの方は、かならず、技能職業リスト(SOL)を
確認し、今後のビザ改定に関するニュースを
しっかりと チェックしておきましょう。


Be留学ウェブサイト:   www.beryugaku.com
お問い合わせフォーム www.beryugaku.com/support/form.html
Be留学メール:         info@beryugaku.com

オーストラリアやイギリスに留学★ワーホリするなら・・・Be留学







posted by 牧原 恵美 (こだわりの留学コンサルタント) at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。