2007年02月09日

2人の父から教わったこと

最近、義理の父が事故に合い、右手の指を何本か失ってしまいました・・・

仕事中に夫と義母から電話があったときは、とにかくビックリ! 義父は手術に入ると聞きましたが、仕事を早退し、すぐに病院に駆けつけました。


仕事中に起こった事故。手術は9時間にも及び、その間、私たちはただただ待つのみ。

利き手である右手なので、これからも不自由なことはあるけど、とりあえず、今のところは、落ち着いてる様子。

昨夜、義母より連絡があって、少しずつ歩けるようにもなるみたい。すっごく嬉しかった★ 義父のがんばりに感動★

実は、私の父は10年前に病気で亡くなってます。そのときも、父にいっぱい勇気と感動をもらった。今まで父と全然話さなかったのに、父が病気がちになって、そのとき大学生だった私は時間がある限り話をしました。

亡くなった後に、オーストラリアに行くことを決めたときは、家族のことがめっちゃ心配だったけど、でも結局イギリスにも行って計5年以上、家族と離れて暮らした。

今までの10年間の私の信念
⇒『Never give up before trying!!』
49歳で亡くなった父から身をもって教わった(と思ってる)・・・人生いつ何があるかわかんない! 後悔しないように、何でもやりたいことはチャレンジ。取り掛かる前から絶対あきらめない!!

今回、58歳で指を失ってしまった義父の事故で、この気持ちはもっと強くなったような気がします。

2人の父に教わったこと・・・
命と健康な体の大切さ
周りの人に常に感謝する気持ち
そして、Never give up before trying!!

お父さん、ありがとう★ 大好きだよ。


ラベル:キーワード
posted by 牧原 恵美 (こだわりの留学コンサルタント) at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。